婚約指輪を選ぶなら外交の歴史の深い神戸のお店を利用しよう

婚約指輪の思い出

木目が反射しているリング

既婚者が左手の薬指につけている結婚指輪は永遠の絆を表していると言われています。
結婚指輪は他のアクセサリーとは違い装飾目的というよりは夫婦の証であるという意味合いが強く、着飾ることを遠慮するようなフォーマルな場でも着用が許されています。
現代の日本においては変化しにくい素材であるプラチナで出来た夫婦でお揃いのものが一般的です。
しかし、その歴史を紐解いてみると素材やデザインも国や文化によって様々ですし込められた意味もまた様々です。
そのため、結婚指輪を選ぶ時のルールは特に無く、夫婦二人の信頼や愛が込められていれば自由でもあるのです。
結婚を決めた時の決意やお互いの気持ちを一生忘れないような存在であると言えるでしょう。

結婚指輪は夫婦で同じデザインの物を身につけるものというイメージが強い方もいるでしょう。
しかし、普段からジュエリーを楽しむ女性とアクセサリーを着けたこともない男性とでは好みが違うことは珍しくありません。
女性がゴールドが欲しいと言っても、スーツで働いている男性にとってゴールドは抵抗がある方もいるでしょう。
このような好みの違いから、女性の結婚指輪にはワンポイントで石がついているようなものも多くあります。
そして最近では男女でデザインがまったく違っていたり素材が違うものも登場しています。
女性の社会進出など時代の変化と共に価値観も変わってきているため、より自由な選び方ができるようになったと言えるでしょう。